MENU

タイヤの交換方法と順番

タイヤの交換方法について、順番ややり方について記載して行きます。

 

@ホイルキャップを外す

 

まずは、ケガや手の汚れを防止するため、軍手や作業用手袋を必ず着用するようにしましょう。

 

参照:必要な道具や作業場所

 

一部車種のタイヤにはホイルキャップが付いています。

 

概ねタイヤの空気を入れる場所付近に小さなくぼみがあり、ここにマイナスドライバーを挿入します。

 

「てこの原理」を使うと容易に外す事が出来ます。

 

 

 

Aナットを少しだけ緩める

 

 

ジャッキアップする前に、ホイールナット(タイヤと車輪を取り付ける専用のネジ)に対してクロスレンチを使って、左側に回して、少しだけ緩めます。

 

 

「少しだけ緩める」のがコツで、一気に全てのホイールナットを緩めたり、締め付けたりしないのが基本となります。

 

 

一気に緩めたり締め付けたりすると、「ネジ山」がつぶれる事があり、それを防止するためです。

 

 

最初は固くてホイールナットを緩めるのは大変ですが、緩める事が出来たホイールナットは手で取り外す事が出来ます。

 

 

また、ホイールナットの緩める・締め付ける順番は「対角線上」に行う事が基本です。

 

 

 

Bジャッキをセットして、ジャッキアップ

 

自動車を地面に置いたままではタイヤを取り換える事が出来ません。

 

自動車を少し浮かせて作業する必要があります。

 

 

ジャッキを使用してジャッキアップ(車体を浮かせる)。

 

ジャッキをセットする場所はどこでも良いわけではありません。

 

場所がしっかりと決まっています。

 

 

適当な場所にジャッキをセットすると、オイルタンクやパイプを破損(修理が相当大変)、突然車体が落下する事故も起こりえます。

 

 

では、どこにジャッキをセットするのか?と言うと、軽自動車の場合タイヤ付近に四角い形をした“とって”が四隅にあるので、ここにジャッキをかけます。

 

 

普通車では“とって”がない場合が多いものの、類似した目印があります。

 

 

ジャッキアップポイントがあるはずなので、そこを探します。

 

ジャッキの圧力が締まっている事を確認してから、ジャッキを自動車に対して垂直に入れて、タイヤが数センチ浮くまで車体を持ち上げます。

 

 

 

C古いタイヤを自動車から外す

 

前述の【ナットを少しだけ緩める】で説明したとおり、ナット自体は手で回せば容易に外れる状態になっています。

 

ナットを外すとタイヤは簡単に外れてしまいます。

 

タイヤの上や下を持って外す人もいますが、それだと危ないためタイヤの横を持って自動車から外すようにします。

 

 

外したタイヤは横に寝かすように置きます。

 

 

D新しいタイヤを自動車に付ける

 

 

前述の【古いタイヤを自動車から外す】の逆の作業をすると思ってください。

 

 

新しいタイヤを自動車に設置します。

 

 

ナットを付けますが、いきなりクロスレンチやL字型ボックスレンチで完全に締めないでください。

 

 

仮締め」といって、手でナットを回します。

 

 

ナットが回らなくなる所まで来たら手を放します。

 

 

前述したとおりいきなりクロスレンチ等で完全に締めると「ネジ山」がつぶれてしまい、ナット等が壊れる事を防ぐためです。

 

 

仮締めが終わった所で、クロスレンチを使い完全に締める事が出来ますが、ここで使いたいのが潤滑錆止めスプレー

 

 

新しいタイヤをはめたネジ部分(奥にナットが入っている部分)にスプレーをかけることで、ブレーキパットに潤滑油が飛散する事を防ぎます。

 

 

 

ナットを完全に締める際に注意したいのが、一気に完全に締めない事です。

 

 

少しずつ繰り返しナットを締める事がポイントです。

 

 

前述したとおりナットを締める順番は「対角線上」です。

 

 

 

完全に締める際に難しいのが、「どこまで締めて良いか?」。力任せにして締めすぎると、次回タイヤ交換で外すときに大変になります。

 

また締めすぎると内部の部品が破損する可能性もあります。

 

 

逆に締め方が緩いとタイヤが脱落し重大な交通事故に発展するリスクが高まります。

 

 

 

そこで使いたいのが「トルクレンチ」。

 

 

見た目はL字型ボックスレンチに似ている所がありますが、ナットを締める圧力を調整・設定する事が出来ます。

 

単位はN(ニュートン)で筆者が聞いた事あるものでは35Nに設定しています。

 

 

Eジャッキを降ろす

 

新しいタイヤを完全に締め終わったら、ゆっくりとジャッキを降ろします。

 

タイヤが地面についたら、もう1度しっかりとナットの締まり具合を確認します。

 

 

 

Fタイヤの空気圧調整

 

最後に忘れてはいけないのが、タイヤの空気圧調整です。

 

 

自分の自動車にどれだけの空気圧を入れたら良いか?わからないかもしれません。

 

 

確認する方法としては、前述の【タイヤの選び方】でも書いたとおり、運転席側ドアを開けた場所にある「車載ラベル」や取扱説明書に必ず書いてあります。

 

 

 

書き方としては、「前輪 後輪 220(2,2)」と言う表記。

 

前輪と後輪で空気圧が異なる事もよくあります。

 

もちろん、前輪と後輪とも同じ空気圧の事もあります。

 

 

単位は「kpa」(キロパスカル)で、「2,2気圧」とも言います。

 

タイヤの空気圧入れによっても異なりますが、だいたいがkpaです。

 

 

空気圧入れは2種類あります。

 

 

1つは自分で入れたいkpaを設定して、タイヤに空気圧を入れるチューブがあるのでここに空気圧入れを差し込みます。

 

すると設定したkpaまで勝手に空気を入れてくれます。

 

 

その際には「カキン」と音が鳴り、鳴り終わると設定したkpaになった事を示します。

 

 

既にタイヤに設定以上のkpaになっている場合は最初から「カキン」と音が鳴りません。

 

その場合は外してしまって構いません。

 

 

 

2つ目は、事前に自分で入れたいkpaを設定する必要がないタイプです。

 

 

タイヤに空気圧入れをチューブに差し込む点は変わりありませんが、差し込むと現時点でどれだけの空気圧になっているのか表示されます。

 

 

自分が入れたい空気圧より少ない場合は、「+」ボタンを押すと空気が増えて、逆に減らしたい場合は「−」ボタンを押すと減らせます。

 

 

基本的には、指定された空気圧通り入れる事になりますが、高速道路やバイパス(概ね60km/h以上)を走行する場合は、指定された数字より+0.2多く入れると良いです。

 

 

また、1か月に1回は空気圧を点検する癖を付けておきましょう。