MENU

劣化を止め、安全に長期間保管する方法

タイヤは正しい方法で保管しなければの寿命を短くしてしまいます

 

 

使用していなくても消耗品なので劣化が進み、その進行具合は保管の仕方によって大きく違ってきます。

 

 

それでは、タイヤの安全な保管方法について考えていきましょう。

 

 

まず一つは、太陽光線を直接受けないところにタイヤを置くことです。

 

 

自宅に倉庫があればそこに置いたり、直射日光を避けられる車庫があればそこにタイヤを置くようにしてください。

 

 

タイヤの主な成分はゴムですが、ゴムは直射日光によって損耗してしまいます。

 

 

したがってタイヤを太陽光線から守ることは、タイヤの寿命を長く引き伸ばすことにつながります。

 

 

できれば、タイヤを一本ずつ専用のバッグに入れたり、専用カバーに包んで保管するのが理想ですが、それができない場合は、せめて直射日光を避けられる場所にタイヤを置いてください。

 

 

 

次に、風雨にあたらない場所に保管する点も視野に入れて下さい。

 

 

強い風や雨をまともに受け続けると、タイヤはこれによっても劣化が進んでいきます。

 

 

したがって風雨からもタイヤを守る必要がありますが、これについては自宅に車庫しかなくて、しかもシャッターがない場合は、タイヤストックサービスを行っている業者に預けるといいでしょう。

 

 

このサービスはお金を払ってタイヤを預かってもらえるので、自分が希望する期間、タイヤを安全な方法で預かってもらうことができます。

 

 

もちろん、預かっている間は適切な方法で保管してもらうことができます。

 

 

最後に立てたまま保管する事です。

 

 

横積みで重ねて長期間保管すると下にあるタイヤが変形してしまいます。

 

特にホイールを外して保管する場合は注意するようにして下さい。

 

 

使用していないタイヤの保管方法について、自分の手に余る場合は、値段が付くうちに売却する事も検討して下さい。

 

今すぐ、いくらで売れるか無料査定をしてみる⇒⇒