MENU

タイヤを組み替える際にやる順序

タイヤの組み換え作業を自分でやってみようという方は参照してください。

 

 

@古いタイヤをホイールから外す

 

 

最初にタイヤから空気を抜きます。

 

 

タイヤに付いているキャップを取り外します。

 

 

空気を入れるバルブ内部にポッチ(直径2ミリ程度の丸い形状)を押すと抜けますが時間がかかります。

 

 

簡単に空気が抜ける方法として、「虫回し」と言うマイナスドライバーに似た形の専用の工具を用意します。

 

 

バルブ内部にある「」を緩めます。

 

 

一気に音を立てて空気が抜けるため注意が必要です。

 

 

しかし、空気が抜けただけではホイールからタイヤを外す事が出来ません。

 

 

固くホイールにタイヤが張り付いています。

 

 

ここで用意するのがL字金具とハンマー。

 

 

L字金具をホイールとタイヤの接合部分にはめこみ、ハンマーで叩いてL字金具をホイールとタイヤの間に入れ込むイメージで進めるとホイールからタイヤが剥がれます。

 

 

 

次にヘラの形をした「タイヤレバー」の真っ直ぐな部分を使って、ホイールとタイヤの隙間を全周にわたって少しずつ広げて行きます。

 

 

タイヤレバーの曲がっている部分を使って、ホイールとタイヤを分離します。

 

 

 

タイヤがホイールと接合する部分を「ビード」と言います。

 

 

ビードはホイールのどの辺りに付いているのか?と言うと、外側(ホイールが地面に付く部分)に凹みがあり、ここにビードがしっかりはまる格好です。

 

 

ホイールからタイヤを外す場合、タイヤレバーの曲がっている部分にビードを引っかけて強い力を入れます。

 

 

1ヶ所外す事が出来たらタイヤの上に乗って、足でタイヤをもみながら全周を外します。

 

 

反対側も同じ作業を行います。

 

 

タイヤの表側(ホイールキャップを付ける面)を向けて、タイヤレバーを使ってタイヤを外します。

 

 

これにはコツがあって、タイヤを外している(タイヤレバーがある部分)の反対側を足でしっかりと踏みながらバランスを確保するとスムーズに外れます。

 

 

これを裏側も行って取り外しが完了です。

 

 

 

A新しいタイヤをホイールに付ける

 

 

タイヤの取り付けは、取り外しよりも簡単に出来ます。

 

 

最初にタイヤの表面から取り付けます。

 

 

タイヤを下に敷き、ホイールの表面を下に向けて置きます。

 

 

タイヤレバーを使ってタイヤをホイールの中に入れます。

 

 

ひっくり返して裏面も同じような方法で取り付けて行きます。

 

 

 

 

 

B新しいタイヤに空気を装填する

 

 

新しいタイヤに空気を入れます。

 

 

専用の空気入れを使う必要はなく、後述しますがタイヤの空気圧点検で使用する空気入れを使います。

 

 

入れる空気の量は「車載ラベル」等に記された量よりもやや多く入れるようにします。

 

 

 

空気を入れ出すと、「パン!」と音がします。

 

 

この音がするとホイールとタイヤが接合しますので、自然とホイールからタイヤが外れる恐れがありません。

 

 

これで一応終了ですが、コツがあります。

 

 

一度空気を抜きます。

 

 

抜いた時点でホイールとタイヤが接合したままになるため、やはり外れる恐れはありません。

 

 

歪みを取り除き、再び空気を入れます。

 

 

そうすることで、タイヤの各部分に均等に重さ(バランス)がかかりやすくなります。

 

 

 

 

Cバランス調整

 

 

タイヤの各部分に均等の重さ(バランス)になるように、必要な調整する事が理想です。

 

 

これは専用機械「タイヤバランサー」と言われるものを使います。

 

 

個人で入手する事は難しく、海外から輸入が必要な事もあります。

 

 

最も手っ取り早いのがガソリンスタンドやカーショップの作業場にあるそれを借りてしまう事ですが、一般的には店員がバランス調整作業も同時に行う事になります。

 

 

 

作業方法について簡単に説明すると、タイヤバランサーに空気を入れたタイヤをセット。

 

 

これを手で回すとタイヤのどの部分に対して均等に重さがかかっていないと示されます。

 

 

重さが不足している事が多いため、それを補うための金具を取り付けます。

 

 

もう一度手で回し、均等の重さがかかっている事が示されると作業終了です。