MENU

タイヤの交換時期を知る目安について

 

タイヤの寿命や交換時期を知るには、見た目と、走行年数・使用年数から調べる方法があります。

 

 

見た目で判断する。スリップサインって何なの?

 

 

まずは、見た目から判断するために、今装着しているタイヤの状態をチェックしましょう。

 

 

タイヤには必ずゴムがどれだけ擦り減っているか確認出来る「スリップサイン」があります。

 

 

タイヤの側面をよく見ると、小さく「△」のマークがあります。

 

 

延長線上をたどりタイヤの溝には厚くゴムが盛られている部分あります。

 

 

この部分が「スリップサイン」です。

 

 

盛られているゴムの量が周囲よりも厚ければまだまだ使えますが、このゴムの量が周囲と同じ高さになれば、タイヤ交換の目安となってきます。

 

 

数字で示せば、周囲のゴムの位置を基準に高さが1,6ミリまでは法律上使う事が出来ますが、それ以下だと使う事が出来ません。

 

 

つまり、1,6ミリ以下のタイヤで車検に出すと合格出来ません

 

 

合格するためには、新しいタイヤに交換する必要があります。

 

 

しかし、実際には4ミリ以下になると安全性が低下し、外観上もタイヤに亀裂やヒビが目立つようになります。

 

 

現状が何ミリになっているかと言うのは専用の測りを使用しないとわからないため、亀裂やヒビが目立つ、変形している場合は交換時期と思って良いでしょう。

 

 

 

 

 

年数や走行距離で目安を知るには?

 

 

走行距離や走り方等により寿命が異なってきますが、目安は「3年3万キロ」です。

 

どちらか先に達すると次の新しいタイヤへ交換する目安となります。

 

 

 

しかし、最近はタイヤ自体の性能が向上しており長寿命化が進んでいます。

 

 

以前のタイヤよりは長持ちしますが、それには前提があります。

 

 

「日常点検をしっかりやっているか」です。

 

 

まず、タイヤの空気圧点検は毎月欠かさず行うようにしてください。

 

これは走行距離に関係なく、やらなければいけないことです。

 

 

1か月に1キロも走行していないとしても、自然と空気は抜けていますので空気圧点検が必要になります。

 

 

 

外周点検もあります。

 

 

専用の工具は必要ありません。

 

 

タイヤが「凹んでいないか?」「歪みはないか?」「ゴムは擦り減っていないか?」を確認します。

 

 

 

出来ればこれは自動車を動かす直前に毎回やる事が理想的で、交通事故防止にもつながります。

 

 

 

走行する時、何も舗装されていない凸凹のオフロード主体、「」が付く運転、例えば「急発進」「急ブレーキ」「急ハンドル」が多いとタイヤの寿命は短くなってしまいます。

 

 

 

最後に、タイヤの劣化の進み具合を自分でチェックするには、乗り心地を確かめることです。

 

 

なんとなく乗り心地が悪く感じられたり、前よりもショックが大きくなったり、ハイドロプレーニンングが起こりやすくなってきた場合は、交換時期が近づいているということです。

 

 

寿命が近づいてきたなと思ったら、処分する前に売却する事も視野に入れて下さい。