MENU

必要な工具と作業場所の注意点

【工具の選び方】

 

タイヤ交換や組み換え作業に必要な道具の事を「工具」と言います。

 

いくつかの工具を用意する必要があります。

 

 

  • 軍手・作業用手袋(ケガや手の汚れを防止するため)
  • ジャッキ(車体を持ち上げるため)
  • ジャッキ用補助工具(ジャッキを伸縮させるため)
  • L字型ボックスレンチ(ホイールナットの着脱に使用するため)
  • クロスレンチ(ホイールナットの着脱に使用するため)
  • タイヤ(車輪)止め(作業中に車両が動く事を防止するため)
  • 潤滑錆止めスプレー(タイヤを取り付ける時に使用)
  • L字金具、ハンマー、タイヤレバー(ホイールからタイヤを着脱に使用するため)
  • その他必要に応じて、トルクレンチ、マイナスドライバー、タイヤワックススプレー、タイヤカバーも用意します。

 

 

【作業場所や注意点】

 

ガソリンスタンド・カーショップ等の整備工場には、床下に専用リフトが設置されています。

 

自動車を所定の場所に止めて、ボタン操作で容易にジャッキアップ可能です。

 

 

しかし、専用リフトがない自宅等で作業する場合以下の点に注意する必要があります。

 

  1. 自動車を平坦で舗装された安全な場所に止める
  2. AT(オートマチック)車の場合、シフトレバーは「P」(パーキング)にする
  3. エンジンを切って、サイドブレーキをかける
  4. 交換するタイヤの対角にあるタイヤに「タイヤ(車輪)止め」を設置(例えば、右前方のタイヤを交換する場合、タイヤ止めは左後方のタイヤに設置)

 

 

「タイヤ(車輪)止め」を設置する理由は、ジャッキアップした車体は不安定になるため、移動したジャッキが外れる事故を防止するためです。

 

 

また、絶対に作業してはいけない場所があります。ここで作業する事がないようにしましょう。

 

  • 地面が凸凹している
  • 土の上、水たまりがある
  • 傾斜がある(水平ではない)

 

以上の準備が出来たら、

 

タイヤの交換
タイヤの組み換え

 

を参考にしてみましょう。